ミノタブの効果と副作用

ミノタブの効果と副作用

 

ここではミノキシジルタブレットの効果と副作用についてご紹介していきます。
ミノキシジルタブレットは日本ではまだ処方されることが許されておらず、入手困難な内服薬でもあります。
そのミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)について迫っていきましょう。

 

 

 

ミノタブについて

 

deeper3d

ミノタブはまだ日本の厚生労働省から認可が降りていない内服薬で、一般的なクリニックや病院、あるいはドラッグストアなどで取り扱われていないものです。
ただ、厚生労働省から認可されていないからといっても、処方して法律に違反するというようなものではありません。

 

しかし、もし何かあった場合にすべては処方した病院の責任となってしまうため、全国的にもミノタブを処方しているところはごく僅か。
そのため、近所の病院やクリニックでは処方されていないところが多いのではないでしょうか。
そういったときは個人輸入代行業者などを利用して入手している人もいるようです。

 

このミノタブですが、成分にはミノキシジルが配合されています。
ミノキシジルといえば、育毛剤のリアップの成分としても有名なものです。
ミノキシジルを飲んだAGA治療体験なども参考になります。

 

しかし育毛剤として塗布するものと内服薬では効能や作用に違いがあります。正しい使い方をしていないと、思わず副作用が現れるケースもありますので注意してください。

 

 

 

 

ミノタブの効果とは

 

deeper3d

ミノキシジルを含んだミノタブは血圧を下げる作用と血管拡張作用があります。
血管拡張によって血流の増幅効果が見込め、それが毛細血管の血液の流れを良くします。
その結果、毛乳頭に栄養素が血液からしっかりと送られ、発毛を促すことが可能になります。

 

ただ、本来は高血圧症の治療薬として用いられていた成分です。
それが薄毛治療にも効果があるということで、今ではAGA治療患者を中心に内服薬としても使用されています。
外用薬とは違い、内服薬の方が体全体への浸透度が高いため、効果が期待できるものの副作用のリスクも高まります。

 

ミノタブを処方すると、まず消化管で吸収され、最終的に肝臓で代謝が行われ、体全体の血液へと巡っていきます。
肝臓で代謝されるため、もともと肝臓が弱い方は負荷がかかりとても危険です。また腸で吸収されますので十二支潰瘍や胃痛などのリスクが少なからずともあります。

 

育毛剤タイプのミノキシジルでは、あまり効果を感じられないという方がミノタブに切り替えて服用しているケースが多くなっています。

 

deeper3d

 

 

ミノタブの副作用について

 

日本では外用の育毛剤としての使用は許可されているものの、内服薬タイプでは許可されていません。
なぜ許可されていないのかというと、副作用のリスクが高いからです。

 

具体的な副作用としては動悸やめまい、倦怠感、むくみといった軽度なものがあります。
場合によっては体毛が濃くなったり、肝機能障害、糖尿病、狭心症、心不全、性欲の減退、性的機能の不全、不整脈などの重い症状が発症するケースも・・・。

 

こういった懸念材料があるので、日本では万全を期してまだ許可が出ていないというわけです。
育毛剤として使うときよりも、ミノタブのほうが副作用も現れる可能性が高くなり、その副作用の種類もとても多くなっています。

 

deeper3d

 

ミノキシジルの育毛剤自体は長い販売実績がありますが、ミノタブが未だに認められていないのには理由があって、過去に動物実験を行った時にその動物の心臓が破裂して死亡してしまったという非常に怖い研究結果が残っていて、それが引き金となり、未だに商品開発に至っていないというのが現状としてあります。

 

ミノタブを入手することは海外からのお取り寄せなどでもできますが、そこまでリスクを冒して薄毛治療するのはちょっと疑問点が残ります。

 

 

deeper3d

 

リスクの少ない育毛治療とは

 

ミノキシジルには副作用という懸念材料があるため、使用にためらっている方が多いのも現状です。
ただ、近年ではミノキシジル以上の効果をもたらす育毛剤が登場しています。
それはキャピキシルです。

 

キャピキシルはミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われています。
しかし、「ミノキシジルのように副作用があるなら、結局は同じだ!」という人がいるかもしれません。
しかし、キャピキシルにはミノキシジルのような副作用は一切ありません。

 

deeper3d

 

 

このキャピキシルを使用することで、体に負担がかからない育毛剤として高い支持を集めています。

 

キャピキシルは毛管拡張を与える作用ではなく、DHTの抑制効果があるビオカニンAとアミノ酸を合成したアセチルテトラペプチド-3で構成されていて、細胞外マトリックスの産生を助ける働きがあるとされています。

 

deeper3d

 

これなら肝臓で代謝しても臓器に負担がかかることはありません。内服薬だとどうしても体への負荷が心配なので、できれば育毛剤のみで育毛効果があるものを選びたいですね。

 

キャピキシルが配合されている育毛剤で日本でも購入できるものといえば、育毛エッセンス「deeper 3D」が挙げられます。Deeper3Dは育毛剤としては有名ですね。

 

他にもキャピキシル配合のものはいくつか存在しますが、成分の豊富さや効能面では頭一つ抜けた存在となっています。

 

ミノタブのように発毛効果を期待しつつ、副作用のリスクを避けたい方にDeeper3Dはお勧めの育毛剤です。

 

 

deeper3d

 

 

 

 

引用:育毛剤の選び方